季節ごとの旬の素材を活かした、炊き込みご飯の素になります。

下ごしらえした具材なので、そのままごはんと一緒に炊くだけで本格的な炊き込みごはんが作れます。

YouTubeに作り方などアップしているので、動画を見ながら誰でも真善美の味をご家庭で味わうことができます。

鱧の炊き込みご飯の素


商品の購入

牡蠣の時雨炊き込みご飯


商品の購入

調理のポイント

Youtube

新米の場合は、出汁を1割(約18cc)減らしてください。
洗米後に約40分浸水させることで、ふっくらとした仕上がりになります。

【炊飯器の場合】

炊き込みご飯の素を入れ、お米・具材を均等にしたら炊飯のボタンを押してください。
炊き上がり後すぐに食べる場合は、粘りが出るのでなるべくかき混ぜないようにしましょう。
すぐに食べない場合は、粘りが出ない程度に少し混ぜてください。

【土鍋の場合】

炊き込みご飯の素を入れ、お米・具材を均等にします。
蓋を閉めて強火で約6分。
蓋の穴から湯気が出てきたら火をとろ火にします。

※とろ火とは―最小の火加減のことを言います。

土鍋の前後を入れ替え、とろ火で約6分。
ご飯の硬さを確認し、大丈夫であれば最後に10分蒸らして完成です。

おこげを付ける場合は蒸らす前に中火で30秒ほど火にかけてください。
蒸らしている間は蓋を絶対開けないこと。

炊き上がり後すぐに食べる場合は、粘りが出るのでなるべくかき混ぜないようにしましょう。
すぐに食べない場合は、粘りが出ない程度に少し混ぜてください。

最新記事